大卒で工場勤務をおすすめする理由とは?【実は最強の選択肢?】

#93アイキャッチ 仕事

みなさんこんにちは。

なべっち
なべっち
大卒で工場勤務ってどうなの?

こんな疑問にお答えします。

たまに聞くのが「大卒で工場勤務ってちょっとね~」といったようなマイナスの言葉です。

正直なところ、大卒で工場勤務というのはあまりいいイメージがないのが現実かと思います。

しかし、私も広い意味で工場勤務ですが、恥ずかしいどころかむしろおすすめしたいのです。

もちろん、工場勤務ならどこの企業でもいい、と言っているわけではありません。

この記事では、大卒で工場勤務すると何がおすすめなのか、そしてどのような工場(企業)を選べばよいか紹介します。

大卒の方に工場勤務をおすすめする理由6選

大卒の方に工場勤務をおすすめする理由6選

大卒の方に工場勤務をおすすめする理由を紹介します。

まず初めに、工場ではどんな仕事があるかというと、

  • 生産管理
  • 品質管理
  • 品質保証
  • 生産技術
  • 実験評価

 

などがあります。

基本的に大卒で工場勤務の場合は実際の生産ラインに入るのではなく、上で紹介した間接業務に就くと思ってください。

おすすめする理由1:ワークライフバランスがよい

工場勤務はホワイト率高めです。

休日が多く、特に夏休みや年末はまとまった休みが取れます。

基本的に土日は休みになります。また、勤務時間も管理が徹底されているところが多いです。

そのため、仕事以外に時間を使いたい人に向いています。

おすすめする理由2:スーツを着なくていい

工場勤務ではスーツは不要です。作業着が基本です。

通勤形態によりますが、私服で通勤して会社に着いたら作業着に着替える、が一般的です。

スーツって着ているだけでとにかく疲れるんですよね。

またクリーニングにも出す必要があり手間もかかります。

私はスーツが嫌いなので助かっています。

おすすめする理由3:収入が安定

営業職のように出来高制ではないので、収入が安定します。

毎月の収入が大体わかるので、生活費のやりくりに困りません。

おすすめする理由4:幹部候補で採用される

大卒で工場勤務になると、基本的には管理職候補として採用されます。

本社で同期と出世争いをバチバチするような感じではなく、横並びで出世していきます。

そのため、まじめに勤務していれば、順当に昇進していくことができます。

おすすめする理由5:転職しやすい

上で紹介した職種は、製品や業界が異なっても仕事の内容はそれほど変わりません。

そのため、同職種であれば製造業全体から選ぶことができ、割と転職も簡単です。

とはいっても、転職することは時間と体力が必要です。

効率よく転職活動を進めるためには、転職エージェントの利用がおすすめ。

エージェント会社はたくさんありますが、まずは【初めての人必見】初心者おすすめの転職エージェント2社を紹介で紹介している2社を検討してみてください。

おすすめする理由6:ノルマがない

工場では各担当の役割やその日やるべきことが決まっていますが、達成できないと給料が減る、ようなことはまずないです。(怒られることはあるかもしれませんが。。)

しかし、毎月のノルマ達成表のような、勝ち負けを意識するようなことはないので精神的にもよいことだと思います。

大卒で工場勤務することのデメリット

大卒で工場勤務することのデメリット

もちろん、工場勤務にはデメリットも存在しますので、ひとつずつ紹介していきますね。

危険がある、汚れる

製品によっては災害を起こす危険があります。

普段はデスクワークでも、ちょっと現物を見に行ったときにケガをしたり、、といったこともあります。

また、オイルを使ったり機械加工をするような製品では作業着や手が汚れることがあります。

潔癖の人にはちょっと厳しいかもしれません。

地方勤務が多い

工場勤務あるあるですが、工場は広い土地が必要なのでどうしても勤務先が地方になりやすいです。

本社は東京のビルでも、工場は地方の田舎、というのはあるあるです。ほぼそうだと思ってください。

絶対に都会から離れたくないという人はしんどいです。

逆にアウトドア派のような自然が好きな人はむしろ向いています。

給料は普通

給料は安定していますが、とびぬけて高給ということはあまりありません。

ノルマを勝ち抜いていくような過酷な職業と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

意外とコミュ力が必要

よく、「工場勤務は人と関わらないからコミュ障でも大丈夫」と言われますが、それはウソです。

工場では様々な部門の人が協力して働いているので、他部門との調整や打ち合わせがたくさんあります。

とてもコミュ障ではやっていけないです。

人と関わらないのはラインの中の話だけです。

失敗しない工場の選び方

失敗しない工場の選び方

ここまでで工場勤務に興味を持っていただけたでしょうか?

実際に工場で働きたいと考えたときに、どのように選べばよいでしょうか?

失敗しないためには以下の2点を守れば問題ありません。

大企業の工場を選ぶ

工場を選ぶ際はできるだけ大手の企業を選んでください。

これまで説明してきたメリットは大手の企業のことだと思ってください。

または大手の子会社でもオッケーです。

なぜ大手の企業をおすすめするかというと、以下の3点に尽きます。

福利厚生・・・住宅手当、食事など

住宅手当や工場内の食堂など、各種手当や福利厚生が整っています。

業務形態・・・勤務管理が徹底されている

大手になるほど勤務管理が徹底されるので、長時間残業や休日出勤が減ります。

労働組合が強く、労働状況を厳しく監視しているからです。

給料・・・東京でも地方でも同じ会社なら給料はほぼ同じ

同じ会社なら東京でも地方でも同じ会社なら給料はほぼ同じです。

もちろん、都会だと多少の手当てはつきますが、微々たるもので使えるお金は地方の方が多かったりします。

地方だと平均賃金や地価も低くなるのに、都会勤務と同じレベルの給料をもらえます。

控えめに言って最高です。

勤務地に注意する

勤務する工場がどこにあるかは必ず確認してください。

○○県といっても、県庁所在地なら超ラッキー、下手すると山奥です。

その場所で本当に後悔しないか、就職、転職する前に考えてください。

まとめ:地方でまったりしたい大卒に工場勤務はおすすめ

まとめ:地方でまったりしたい大卒に工場勤務はおすすめ

この記事では、大卒で工場勤務することの何がおすすめなのか、そして工場(企業)の選び方を紹介しました。

勤務地を受け入れられれば、大企業・地方・工場勤務が最強だと思います。

いままで工場勤務にマイナスイメージを持っていた方も、転職の際の候補にしてもらえると嬉しいです。

今回は以上です。