後悔しない家庭教師の選び方

#20アイキャッチ 学び

皆さんこんにちは。
「後悔しない塾の選び方」に続き、今回は後悔しない家庭教師の選び方を紹介します。


私はこれから説明する3種類の家庭教師すべての経験がありますが、教える側から見た特徴を紹介して、どんな人が向いているかを説明していきたいと思います。

この記事を読んでほしい人

・家庭教師をつけようと思っている親御さん
・現在家庭教師を使っているが、あまり成果が出ない学生
・家庭教師のバイトをしたいと考えている学生
この記事で得られること
・家庭教師の種類がわかる
・自分に合った家庭教師の選び方がわかる

家庭教師のアルバイトをしたい人に役に立つ記事は別途作成予定ですので、お待ちくださいませ。


「後悔しない塾の選び方」の記事はこちらです↓

#19アイキャッチ

後悔しない塾の選び方

家庭教師の選び方は3つ

20-1

家庭教師の選び方は、所属による分類で3種類に分けることができます。
それぞれの特徴を紹介します。

家庭教師紹介業者

これは家庭教師を紹介してくれる会社に申し込みをして家庭教師を利用する方法です。
有名なところでは、家庭教師のトライが有名ですね。

それぞれの成績、目的、地域に応じた家庭教師を紹介してくれます。

このような会社にはたくさんの家庭教師が登録しており、条件に合った家庭教師を見つけることが簡単です。


また、困ったときは会社の方が間に入ってくれるので、万が一のトラブル時も安心です。

ただし、紹介される家庭教師が合うかどうかは始めてからわかることなので、
当たりはずれも存在します。(その場合は変更をお願いできることが多いです)


時間当たりの料金はやはり人件費も含まれるため、個人で探すよりは高くなる場合が多いです。

会社の人がすぐに紹介してくれて探す手間が省けます。

インターネット掲示板での募集

これはインターネット上の家庭教師募集サイトで、直接家庭教師を探す方法です。


例えば、家庭教師の総合情報というサイトでは、地域ごとなどで検索が可能で、目的に合った家庭教師を選ぶことができます。

応募してからは、個人間のやり取りとなるのが普通です。
そのため、料金や日数は個人間で決めることができ、条件次第では価格を抑えることもできます。

自由に決めることができる一方、双方が承諾しないと破談になり、再度探し直すことになります。


また、指導が始まってから万が一のトラブルがあった時もやはり個人間での解決となるため、苦労することもあります。

自分で探せる人なら内容の希望も話し合えて便利です。

知り合いの紹介

これは例えば両親、親戚、友人などの人脈を使って知り合いに家庭教師をお願いする方法です。


基本的には出所が知れていることが多いので安心です。

見つかればスムーズに話が進むことが多く、
料金面でも優遇してもらえる(まけてもらえる)可能性が高いです。

ただしこれは見つかればの話であって、身近に条件に合った人が見つからない可能性もあります


他の方法に比べて圧倒的に規模が小さいので、身近に家庭教師をやってくれる人がいるかが大切なポイントとなります。

私は教える側でしたが、意外と需要は多いです。
期間も自由なので「休みの期間だけ」、という方法もありますよ。

あなたにぴったりの家庭教師の選び方は

以下に紹介した3つの方法の特徴をまとめてみました。

種類 規模 メリット デメリット 向いている人
家庭教師紹介会社 ・登録者の数が多い
・あらゆる条件で
探せる
・探す手間が少ない
・性格が合わない可能性
・料金が高い
・手間をかけずに
家庭教師を見つけたい人
・教師の品質が心配な人
インターネット掲示板 ・あらゆる条件で
探せる
・料金は個人間で決められる
・自分で条件にあった人を探す必要あり
・求人がない場合も
・トラブルもないわけではない
・自分で検索、交渉が
できる人
・費用を抑えたい人
知り合いのつて ・出所が知れていて安心
・話がスムーズに進む
・条件が必ずしも合うとは限らない
・人脈次第では見つけられない
・身近に家庭教師をやれる人がいる人

まとめ

今回は後悔しない家庭教師の選び方を紹介しました。

現在の状況や環境でどれを選べばよいか変わってくることと思いますが、メリット、デメリットをよく理解して、本当にマッチした家庭教師を選ぶことが大切です。