社会人4年目で仕事ができないと感じる理由と対処法【受け止め方次第】

仕事

みなさんこんにちは。

なべっち
なべっち
社会人4年目だけど、仕事ができなくて辛い。。

こんな悩みを解決します。

3年の壁を越えて、ようやく仕事ができるようになってきた!はずが、自分が思っているほど仕事ができなくて悩んでいる方はいませんか?

そんな人のためにためになる考え方と対処法を紹介します。

結論:社会人4年目でもできない仕事は多い!受け止め方が大切

結論:社会人4年目でもできない仕事は多い!受け止め方が大切

さっそく結論ですが、社会人4年目でもできない仕事はたくさんあります。

この事実を受け入れましょう。

私も4年目の時にできた仕事なんてそんなにありません。(もちろん、経験は蓄積されます。)

 

4年目の時点で仕事ができないと悩む必要がそもそもありません。

もちろん、できない仕事はありますが、できる仕事も必ずあるはずです。

できることは自信をもち、できないことは改善してできるようになれば問題ありません。

社会人4年目で仕事ができないと感じる理由

社会人4年目で仕事ができないと感じる理由

社会人4年目で仕事ができないと感じる理由を考えてみました。

4年目という微妙なタイミングだからこその要因もあります。ひとつずつ紹介します。

仕事の幅が増えてできないことが気になる

4年目にもなると仕事の幅が結構広がってきます。

量的にも増えてきているでしょう。

できる仕事も増えてくる中で、できない仕事が目立ち始めます。

できないことがあるとそればかり気になってしまい、「仕事ができない」と感じるようになってしまいます。

難しい仕事を任せられる

4年目になると人によっては難しい仕事を任される機会も発生してきます。

難しいので、できないことがたくさんあると思います。

そうなると先述した通り、できないことが目立ってしまい自信を失ってしまいます。

関わる人が増え無意識に比較してしまう

仕事の幅が広がり、社内、社外問わず多くの人と接点を持つようになります。

すると、なかには仕事がとてもできる人も当然出てきます。

同期が難しい仕事を任されたりしているかもしれません。

「隣の芝生は青く見える」現象で、意識しなくてもそのような人たちと自分を比べてしまい、自分はできないと錯覚してしまいます。

4年目になると仕事ができると思い込んでいる

壁である3年目を超えたからには、それなりの自信もついたかと思います。

それに合わせて、仕事もできるようになったと錯覚していませんか?

正直、3年でも4年でも大きな差はありません。

4年目になれば仕事ができるようになる、あるいはできなければならないと考えていると、現実とのギャップに苦しめられます。

社会人4年目で仕事ができないと感じるときの対処法

社会人4年目で仕事ができないと感じるときの対処法

4年目でも仕事ができなくても仕方ないのはわかった。

そうはいっても意識してしまうのが人間です。

以下では、仕事ができないと感じるときの対処法、受け止め方を紹介します。

できる仕事に自信を持つ

できない仕事もありますが、できる仕事もいくつかあるはずです。

まずはそれに自信を持ってください。

今できている仕事はあなたに向いている、得意な仕事かもしれません。

他の人ができないことができるかもしれません。

ささいなことでもできることに自信を持ってください。

できない仕事をできるように改善する

一方でできない仕事に対しては、できないことを嘆くのではなく、どうしたらできるようになるかを考えます。

例えば、以下のような方法がおススメです。

  • 仕事のためになる分野を勉強する(仕事に直接かかわること、英語など)
  • 得意な先輩、上司をまねてみる
  • あえて関わる機会を増やす

 

仕事のためになる分野の勉強では、例えば仕事に直結する知識や技術の勉強でもよいし、英語(TOEIC、英会話)のような仕事の種類を問わないスキルを磨くのもよいです。

後者は仕事全体に効いてくるものなので、勉強しておいて損はありません。

77-アイキャッチ

【1ページで網羅】TOEICのおすすめ問題集、参考書、ツールまとめ

特に最後のあえて関わる機会を増やす方法は大変ですが、仕事は経験がものをいうので、やればやるほどできるようになります。

仕事が難しいのは期待されているからと考える

会社はあなたに嫌がらせをするために難しい仕事を任せているのではありません。

難しい仕事を任されるということは、それだけ期待されているということです。

どうですか?期待されているなら頑張ってみようという気持ちになりませんか?

もちろん大変ですが、後々評価についてきます。ぜひ、前向きにとらえていきましょう。

人と比べない

仕事の出来を人と比べても何も良いことはありません。

自分よりできると思う人ばかり意識して結局おちこむだけです。

しかし、仕事ができる人を目標にすることはモチベーションアップにつながるのでオッケーです。

なんなら「その人を超えてやる」というくらいの気持ちになれば、仕事にさらに力が入ります。

社会人4年目なんてまだまだ若手と考える

4年目は会社から見ればまだまだ若手です。

一桁までは十分若手です。

なので「仕事でできないことが多くても当然」というくらいの気持ちでいる方が精神が安定します。

転職市場で自分の価値を確認するのもあり

転職市場で自分の価値を確認するのもあり

仕事ができないと感じていて、自信を失いがちな人に試してみてほしいのが、市場価値の確認です。

社外で自分がどのような評価を受けるのか気になりませんか?

例えば、今よりも良い待遇でのオファーが来たり、今よりも大手の企業からオファーがきたりしたら、自分の価値が認められていることになります。

そうすると自信につながります。

もちろん、転職を必ずする必要はありません。

もし転職してもよさそうと思えたらすればいいだけです。

4年目は特に市場価値が高いです。以下で理由を説明します。

社会人4年目の市場価値が高い理由

3年間の経験がある

3年間の経験の蓄積が評価されます。

また、3年で離職する人が多い中で、3年以上辞めずに続けてきた点も評価されます。

若いので伸びしろある

経験がある一方で、まだまだ若さもあります。

のびしろがたくさんあります。

転職しなくてもモチベーションアップにつながる

市場価値を確認するだけでも十分モチベーションアップにつながります。

それでは、どうやって価値を確認するかですが、以下2つがおすすめです。

  • 転職活動をやってみる
  • 市場価値を確認するサービスを利用する

転職活動ではエージェントを利用する

転職活動を行う場合は必ず転職エージェントを利用しましょう。

求人はもちろん、エージェントの方がこれまでの経歴、経験で活かせる部分を整理してくれます。

これは本来転職のためなのですが、これで自分ができること、やってきたことが明確になります。

思ったよりも多くの仕事ができることを知れるので、モチベーションアップにつながります。

以下にタイプごとのエージェントを紹介します。

いずれも無料で登録、利用が可能です。

★(無料)総合エージェント「DODA」

総合エージェントのDODAは求人数が豊富で、書類や面接のフォローも手厚いです。

誰にでもおすすめできるエージェントです。

「DODA」の登録はこちらから

 

★(無料)20代・第二新卒・既卒向けエージェント「マイナビジョブ20’s」

マイナビが運営する20代専門のエージェントです。

20代特有の悩みや強みをよく理解しているので、「若手だけど転職できるかな」と不安がある人に最適です。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

★(無料)20代・理系特化エージェント「UZUZ(ウズウズ)」

理系(特に機械・電気電子・情報)の求人が豊富です。20代で理系の方は登録必須です。

20代理系特化「UZUZ(ウズウズ)」の登録はこちらから

★(無料)グローバル・外資系に強いエージェント「Samurai Job」

4年目になり、さらなる高みを目指したい方は登録必須です。

グローバル・外資系・ハイクラスの転職支援サービス【Samurai Job】無料会員登録はこちらから

 

#90アイキャッチ

【初めての人必見】初心者おすすめの転職エージェント2社を紹介

ミイダスで市場価値を確認する

以下で紹介するミイダスというサービスでは、今の経歴を入力することで現在の市場価値を計測することできます。

例えば、今よりも待遇の良い企業に行ける可能性などを示してくれるので、モチベーションアップにつながります。

無料で利用でき、面倒な手続きは不要なので空いている時間に試してもらえるとよいと思います。

市場価値診断なら、ミイダス!



まとめ:すべては受け止め方次第

まとめ:すべては受け止め方次第

この記事では、社会人4年目の方が仕事ができないと感じるときの理由と対処法を紹介しました。

シンプルに言ってしまうと、受け止め方次第で前向きにとらえることができます。

前向きにとらえられれば、さらに成長するチャンスです。ぜひ実践してもらえると嬉しいです。

今回は以上です。