2年目の転職は本当に難しいのか【普通にできます】

仕事

みなさんこんにちは。

なべっち
なべっち
社会人2年目なんだけど、転職を考えてる。でも、2年目で転職ってどうなの、、?
こんな悩みを解決します。

社会人になって2年目、ようやく身の回りのことが分かってくると、

「あれ、もしかしてこの会社(仕事)向いていないんじゃないか?」

と考える人は多いと思います。

実際、新卒社員の3年以内の離職率は3割(厚生労働省による調査より)であり、3人に1人がやめています。

2016年3月に大学を卒業して就職した新卒社員のうち、3年以内に仕事を辞めてしまう人は32%

厚生労働省 2019年調査による

となると、悩んでいるひとはもっと多いことになりますね。

今回のテーマは2年目で転職は難しいか?です。

結論から言うと全然問題なくできます。

ただし、注意すべきことや準備すべきことをおろそかにすると思ったような結果を得られず、自分が目指すキャリアから遠ざかってしまいます。

そうならないためにも、この記事の内容を理解してから転職活動を始めてもらえると嬉しいです。

結論:2年目でも転職は難しくない!普通にできます

結論:2年目でも転職は難しくない!普通にできます

冒頭でもお伝えしましたが、2年目でも転職は可能です。

私の身の回りでも、2年目に突入したくらいで転職した人もいます。

 

よく「3年は頑張れ」という話がありますが、正直関係ないと思います。

転職すべき時にするのが正しいので、それが2年目であったというだけです。

2年目で転職するメリット・デメリット

2年目で転職するメリット・デメリット

もちろん、2年目で転職することはメリットだけでなく、デメリットもあります。

それぞれ紹介します。

メリット1:若さを評価される

基本的に若い方が好印象です。

伸びしろを評価されるからです。

また、2年目なら交渉する給与基準も低いため、採用しやすいというメリットがあります。

メリット2:ビジネスマナーが身についている

新卒との一番の違いは

「社会人経験の有無」です。

これは大きいです。

社会人経験があればビジネスマナーがひと通り備わっているので、一から教育する必要がなく、会社としても負担が軽くなります。

メリット3:他業種、他職種への転職も可能

若いのでいい意味で専門性がありません。

そのため、他業界、多職種への転職が可能です。

これが年を取ってくるとある程度専門性が固まってくるため、他業種、多職種への転職は難しくなります。

メリット4:今の会社に染まっていない=育成しやすい

一つの会社に長くいると、会社独自のルールや考え方が浸透してしまい、頭が固くなりがちです。

しかし、2年目であればそこまで浸透していません。

そのため、転職先にもなじみやすく、採用側も育成しやすいです。

デメリット1:転職のハードルが下がる

一度転職してしまうと、転職のハードルが下がります。

すると、何か不満があるとすぐに転職がよぎるようになってしまい、下手すると職を転々とすることになります。

よほどのスキルや実績がなければ、転職しすぎると印象は悪くなります。

デメリット2:すぐやめると思われる

せっかく採用してもすぐに辞められると企業も困ります。

2年目だと1年でやめたということになるため、企業側も「この会社で続けられるか」を強く確認してきます。

転職を考えるきっかけはなんでもオッケー。ただしポジティブな理由であるべき

転職を考えるきっかけはなんでもオッケー。ただしポジティブな理由であるべき

転職を考えるきっかけはたくさんありますし、正直何でもよいと思います。

しかし、本音がどんな理由であっても、伝えるときはポジティブな理由にする必要があります。

なぜ転職の際はポジティブな理由に変換することが大切か?

採用する側の人間になって考えてみましょう。

転職希望者に理由を聞いたら「前の仕事が嫌だから」と言われたら、どう考えますか?

「うちの会社でも嫌になったら辞めそう」

だと思われます。結果として合格できません。

そのため、ポジティブな理由に変換する必要があるのです。

もちろん、本音はネガティブな理由がきっかけでも全然問題ありません。

それを直接言わず、前向きにとらえることが大切です。

仕事が合わない

仕事が合わないことがきっかけになることはよくあります。

これをポジティブな理由に変換すると

「他の仕事に興味を持った、やりたい仕事がある」

といったところになるでしょう。

もちろん、興味を持ったきっかけなどは聞かれるのであらかじめ考えておく必要があります。

人間関係が嫌だ

職場の人間関係が嫌で辞めたいという理由もあるあるですね。

しかし、この理由はがんばってもポジティブな理由に変換することができません。

さらに、どの職場でも人間関係は存在します。

心で思っていても、理由はほかのものを挙げたほうが良いです。

労働環境が悪い

残業が多かったり、休みが少ない場合も転職を考えます。

この場合は残業が少なく、休みも多い会社が目標になりますが、そのまま伝えるとやる気がないと思われまず。

他のきっかけを理由として挙げたほうが良いです。

待遇に不満がある

1年働いていると、給料や待遇の将来がある程度見えてしまいます。

自分はあそこまでしか行けない、と感じると、転職してもっとよい待遇の会社に行きたいと考えるかもしれません。

この場合は、待遇が良い会社=レベルが高いので、

「レベルの高い仕事に挑戦したい」

という理由が良いかと思います。

それが興味のある仕事であればさらに高評価になります。

会社の今後が心配

自分の仕事がというより、業界的に斜陽であったり、会社が安定しない場合も転職のきっかけになります。

この場合、同業の安定した会社に行く場合は

「レベルの高い仕事に挑戦したい」

でよいし、他業界に行く場合は

「新しい業界で自分の力を試したい、視野を広げたい」

などが良いかと思います。

ベンチャー企業などの実力主義の企業、業界を目指す場合なら、

「会社の看板を使わず、自分のスキルで勝負していきたい」

という理由もいいですね。

転職せずに今の会社で解決できないか考えることも大切

転職せずに今の会社で解決できないか考えることも大切

転職活動を始めつつも、今の会社で解決できないかを常に考えていたほうが良いです。

なぜなら、今の会社で解決できた方が、圧倒的にリスクが少ないからです。

例えば、仕事の内容であれば、転職先の仕事が万が一あっていなかったら、すぐにやめるわけにもいきません。

当分の間新しい環境でプレッシャーがかかるなか、我慢しなければなりません。

人間関係の場合でも、転職先の人間関係が100%あっている保証はどこにもありません。

そこでまた転職してしまうと「すぐにやめる人」というレッテルを張られ、以降の転職活動でマイナスポイントになります。

そのため、どんな理由であれ、まずは今の会社で解決できないか考えることが大切です。

どうしてもだめだということになれば潔く転職を決意しましょう。

転職の前にやるべきこと【2つだけ】

転職の前にやるべきこと【2つだけ】

今の会社でも改善が見込めない場合は、転職活動に力を入れましょう。

ただし、やみくもに求人を探してエントリーすればよいわけではありません。

転職活動は準備がとても大切です。やるべきことを2つに絞りました。

二つともそれほど大変ではないので、転職を決めたらすぐに行動してしまいましょう。

転職エージェントの登録

転職する際は必ず転職エージェントへ登録しましょう。

転職エージェントに登録すると担当のエージェントの方がつき、転職活動をサポートしてくれます。

求人の紹介やエントリーシートの添削、面接の練習だけでなく、以下で紹介する自己分析も一緒に考えてくれます。

そしてなにより大半が無料で利用できるところが魅力です。

登録して損することはなにもありません。

エージェントによって得意な業界や職種があるので、いくつかのエージェントに登録して、相性が良いエージェントに絞っていきましょう。

★(無料)20代・第二新卒・既卒向けエージェント「マイナビジョブ20’s」

就職活動でマイナビを使用していた方は多いと思いますが、マイナビの20代専門のエージェントになります。

20代特有の悩みや強みをよく理解しているので、この記事の主なターゲットである2年目の方にはぴったりです。

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

★(無料)20代・理系特化エージェント「UZUZ(ウズウズ)」

理系(特に機械・電気電子・情報)の求人が豊富です。20代で理系の方は登録必須です。

20代理系特化「UZUZ(ウズウズ)」の登録はこちらから

★(無料)20代専門エージェント「ウズキャリ」

上で紹介したUZUZの系列エージェントです。こちらは文理問わない20代全般向けのエージェントです。

20代専門の転職エージェント「ウズキャリ」の登録はこちらから

★(無料)総合エージェント「DODA」

求人数が豊富で、書類や面接のフォローも手厚いです。

使用するしないにかかわらず、まず登録しておいて大丈夫です。

「DODA」の登録はこちらから

 

#90アイキャッチ

【初めての人必見】初心者おすすめの転職エージェント2社を紹介

自己分析

自分が何をやりたいか、強みは何かなど、自己分析をすることが大切です。

自己分析ができていないと、面接で深堀されたときに答えに困ってしまいます。

面接を突破するために必須の準備です。

私もかつて就活の時に自分の考えを深堀できておらず、自信をもって答えられなかったことが多々あります。もちろん落ちました。

 

これもエージェントに登録すると、担当エージェントの方が一緒に考えてくれます。

自己分析という名前ですが、一人でやらなければいけないわけではありません。

むしろ、一人だと気づけない点も多いです。

エージェントの方が客観的に見てくれるので、自分よがりでない分析ができます。

まとめ:2年目でも転職は難しくない。ポジティブな理由で転職しよう

まとめ:2年目でも転職は難しくない。ポジティブな理由で転職しよう

この記事では、2年目の転職は難しいかについて解説してきました。

結論、難しくありません。十分転職可能です。

ただし、転職のきっかけはポジティブな理由することと、今の会社に残る選択肢は残しながら転職活動をすることが大切です。

そして転職活動の際にはエージェントを利用して、自己分析もエージェントの方に頼りましょう。

以下にこの記事で紹介したエージェントをまとめておきますので、活用してください。

★(無料)20代・第二新卒・既卒向けエージェント「マイナビジョブ20’s」

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

★(無料)20代・理系特化エージェント「UZUZ(ウズウズ)」

20代理系特化「UZUZ(ウズウズ)」の登録はこちらから

★(無料)20代専門エージェント「ウズキャリ」

20代専門の転職エージェント「ウズキャリ」の登録はこちらから

★(無料)総合エージェント「DODA」

「DODA」の登録はこちらから

 

今回は以上です。